読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島ぐらし、日々

福岡市志賀島へ移住し、カレー屋を開きました。

僕が田舎に移住しようと思った4つの理由

移住

こんばんは、ダッチです。

前回、「僕がカレー屋をはじめたいと思った理由とエピソード」という記事をかきました。

shimagura.hatenablog.com

なので、今回はなぜ田舎に移住したいと思ったのか

について書いていきます。

 

 

その1 自然が好きだから

f:id:merenge1989:20160512000217j:plain

まあ、これですよね。まずは。

田舎に移住したいと思うような人間のほとんどは自然が好きだからとか癒されるからとかそういう理由を持っています。

それは僕も例外ではありません。

海も山も大好きです!

あとは、僕自身が喘息持ちというのも空気が綺麗な田舎へ住みたい理由の1つですね。

 

その2 都会では生活スタイルが縛られる気がするから

f:id:merenge1989:20160512000719j:plain

これは根拠のない、僕自身が今まで生きてきた中で感じていた事です。

都会に住むとお金に縛られるんです。

全ての物やサービスをお金とトレードする。そういうシステムが強固にできあがっています。確かに便利ですが、それ以外の選択肢を選ぶ余地さえない状態に感じます。

お金を介せば何事も簡単にすみます。実にシンプルに。

しかしその便利な生活を維持するために、必要以上の労働を強いられているのもまた事実なのです。

 

逆に里山文化の残る田舎暮らしはそんな都会での生活とは全く違うものでした。

無い物は自分たちで作る。

米や野菜だって売るほどはないにしても自分等が食べる分には事足りる。

不便だし、経済的に豊かでもない。でも決して貧しいわけではなく、そこには本質的な豊かさがあると感じました。

大変だけど、それは生きるために直結した労働。シンプルで実に分かりやすいじゃないですか。そんな生き方の選択肢がリアルに残っている。

それが田舎暮らしの魅力の1つだと思ってます。

 

あと、友達とか見てても田舎で暮らしてる皆はなんか楽しそうで羨ましいです。

隣の芝は〜ってやつかもしれませんけどw

 

その3 半農半Xに興味があったから

半農半Xとは、1994年頃から私が提唱している生き方です。この言葉には2つの方向性が示されています。ひとつは人生において農を重視し、持続可能な農のある小さな暮らしを大切にする方向、もうひとつは与えられた天与の才を世に生かすことにより、それを人生の、社会の幸福につなげようとする方向です。

 少しでも自給を試みる生活をしながら、自分の大好きなこと(天職)を同時に追求し続けるといった意味を指す

平たく言うと、出来る範囲で自給して生活コストをさげて、自分のやりたい仕事を追求するってことですね。

例えば、陶芸家とかデザイナーとか画家とかそういうクリエイティブな職種の方に多いと思うのですが、フリーでやっていこうとなると中々月20万稼ぐのは難しかったりするじゃないですか。

 

もちろん能力によりますけど。

 

でももし、月10万あれば充分に生きていけるような環境があれば…月10万なら今の能力でも稼げる!って人増えると思うんですよね。

 

僕も最初はフリーのデザイナーになりたいと思っていたんですけど、ガッツリ都会で月20万も30万もそれ以上稼いでいけるかと言われると…自信ないですよね。

 

なので、こういう出来る範囲で自給して最低限必要なお金は好きな事して稼ぐ!

というあま〜い考えに惹かれていたわけですw

 

今はカレー屋をする予定ですが、まだこの半農半Xには興味があります。

単純に「食」への関心も強いので自分で育てた野菜なんかをお店でだせたらいいな〜と思ったり。

まあ、この辺が実現できるかはわかりませんが…高宮のかもめ食堂さんとかがやられてますよね!

ここは簡単にまとめると、食料の自給に興味があったから!ですね

 

その4 生業を始めるには最適だと思ったから

これは半農半Xにも通ずる話ですが、今回は飲食開業にフォーカスをあてて、やはり田舎が最適だからと考えたからです。

 

まず、自分が良いなと思えるお店は全部田舎にありました。

趣味の延長にあるんだろうな〜っていうやりたい事をやってる感がでてる人のお店が好きだからというのもあるかもしれません。

 

あと、やっぱ家賃が安いんです。

ちなみに、僕が開業予定の店舗兼住居の一軒家は月3.5万ですよ。

激安じゃないですか?

これが都会だとテナント費だけで月10万とか普通ですからね。

そうなると毎月100万以上の売り上げが必要で…どんどん無理ゲーになっていきます。リスクがぐ〜んとあがります。

 

あと、移住支援を行っているNPOのデータによると、夫婦で田舎に移住した人の最低限必要な生活費は月16万だそうです。

 

ぼくは1人で毎月15万は消費しているのでにわかに信じがたい数字ですが、もし最低16万で生活できるなら、なんとかやってけそう…と思ったわけです!(単純)

 

要は、自分はドカンと稼いでワンチャン当てるぞ〜!ってタイプではなく、やりたい事をやって最低限の生活が営めればいいと考えている腑抜けなのでこういう考えに至ったのでしょう…

 

まとめ

以上ダラダラ〜と2000文字近く書いてしまいました。

自分でも途中から何が言いたいのかわからなくなってましたが…

なんだかんだ言って、直感的に田舎の方が面白そうだから!ってのがあるのかもしれないです。

なんたって都会は人が多いし飽和状態じゃないですか。なんでも。

 

まあ、そんなこと言ったら「考えが甘すぎる」とか言われそうですけどねww

 

そして最後に、この記事は「田舎に移住しようと思っていた理由」であって志賀島への移住理由はまた別になります〜そのことはまた後ほど

 

ではまた!

広告を非表示にする